Day2「自分にやさしく」

こんにちは、Suku Yoga Spaceのイッセイです。

先日ヨガが初めての方も多かったと思うのですが、何か変化を感じましたか?

人によって変化が訪れるタイミングはそれぞれなので、変化を感じられなくても、ぜんぜん大丈夫ですよ。

————————–

DAY 2 テーマ 「自分にやさしく」

————————-

ヨガをするときに大切なことのひとつ、それは、今日のテーマである

「自分にやさしく」

です。

ヨガでゆっくりと身体を動かしたり呼吸するときは、自分自身をいたわるような気持ちで行うことが大切です。

「人よりも体が固い・・・」 「また間違えた、、、なんでうまくできなんだろう・・・」

仕事で何かミスをしたときなどにも、「だから自分はダメなんだ・・・」

こんなふうに、責めるように自分自身に接していることはないでしょうか??

とくに、私たち日本人は、自分に厳しく律することが美徳だとする文化のなかで育っているため、このように自分を責める気持ちを日常的に持っているかもしれません。

しかし、ヨガと近い考え方の仏教にも、「自慈心」(じじしん)という言葉があり、自分自身に対する思いやりの気持ちを大切にしています。

また、心理学の最新の研究では、自分自身を思いやる気持ちの強い人はストレス耐性が強いというデータもあり、自分に優しく接することを「セルフ・コンパッション 」といいます。

セルフコンパッションは、わがままだったり自分の非を認めないこととは違い、逆に自分の非を受け入れていく態度とも言えます。

ヨガをしている時は「すやすやと眠っている赤ちゃんを見ているような優しい眼差しで」自分の身体を観察して、自分へのセルフ・コンパッション を育んでいきましょう。

——————————

【DAY2 ワーク】

家族やパートナーなど、自分に近しい人にやさしい言葉をかけてあげるときのような気持ちで、自分自身にねぎらいの言葉をかけてあげてください。

たとえば、「だいじょうぶ。なんとかなるよ!」「◯◯ちゃんなら大丈夫!」「よくがんばったね!」などなど。

最後に、ゆっくりと一度大きく深呼吸して、ワークを終えます。

以上です!明日もお楽しみに。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL